川西 局地戦闘機「紫電(紫電 11乙型)」


 紫電改を作ってから紫電を作るあたりは私らしいといえば、らしいのです。
 水上機である強風から無理矢理陸上機に改造した失敗作とはいうものの、紫電改のルーツを作らないわけにはいかないと思い至り、製作しました。
 中翼機はF6Fで経験済みですから、構造自体を考える難しさはありませんでした。

 今回の工夫は、巨大なフィレットの再現でしたが、今ひとつふくよかなふくらみが足りなかったと反省しております。

 もう一つの反省点は、長くかかりすぎて散漫になってしまい、パネルラインが完全では無いまま完成にしてしまったことです。(ひとはこれを未完成という・・・^^;)
 いつかもう一度やる気になったら考えます。

 ツールには、いつも通り六角大王とペパクラデザイナー、及び花子を使用しています。
 六角大王でモデリング後ペパクラデザイナーを使って展開図を作成、ペパクラデザイナーからエクスポートしたデータを花子でトレースしています。




製作メモ
川西 局地戦闘機 紫電(紫電11乙型)
スケール 1/32
全長   276mm
全幅   374mm
総重量  ー