三菱 局地戦闘機「雷電 21型」(Revive)


 雷電は1度作っていますが、スケールを1/32合わせるために作り直したかった機体です。
 最初は花子のデータを拡大すりゃいいやと思っていました。
 ところがどっこい、拡大は問題ないのですが、作ってみるとどうもよろしくない。

 なぜ?と考えてみると、
  @小さいと気にならない無理なパーツ構成が、拡大すると簡単に歪みにつながって形が維持できていない。
  A現在の主翼の断面形は8角形を基本にしているが、6角形になっているので主翼の印象が大きく崩れる。
 という風に思い至りました。

 さらに、よ〜く眺めてみるとパネルラインの辻褄が合ってないところが散見された。(^^;)

 というわけで、元データを使いつつも主翼と水平尾翼、垂直尾翼を新規に設計しました。
 その結果が左の写真。このほかにも2つぐらい途中で潰したものもあるので、試作するのが嫌になりました。

 

 また、拡大したことにより紙のテンションだけではフィレット形状を維持できなくなってしまい、内部に補強材がかなり入りました。
 そのおかげで2g程度総重量が増加しました。
 翼面積が小さいのに重いということですから「ふんわり」と飛ぶということを期待してはいませんでしたが、やっぱり少し滑空速度は早いように思います。
 六角大王でモデリング後ペパクラデザイナーを使って展開図を作成、ペパクラデザイナーからエクスポート(dxf形式)したデータを花子でトレースしています。




製作メモ
三菱 局地戦闘機 雷電 21型
スケール 1/32
全長   302mm
全幅   337mm
総重量  30.22g