Grumman F6F Hellcat


 2015年の第2弾!!

 グラマンと言えばこの機体では無いかと思います。
 艦上戦闘機としては大柄ですが、それをカバーするための主翼折りたたみ機構は秀逸の一言だと思います。

 今回は単発中翼機を初めて製作しました。

 もっと手こずるのかと思いましたが、今までで一番設計時間が短かったのではないかと思います。
 P−38で培われた(?)ノウハウを活かすことが出来たようにも思えません。
 その理由を自分なりに分析した結果、フィレットが無かったことが大な要因ではないかと思われます。
 そのおかげで、胴体と主翼の取り合いの辻褄を合わせる手間がなくなり、試作1回目にしてすんなりと飛行するとても良い子になったと思われます。
 パネルラインの書き込みも曲線が少なかったので「花子」の時間も少なかったように思います。
 

 製作はいつも通り、六角大王でモデリング後ペパクラデザイナーを使って展開図を作成、ペパクラデザイナーからエクスポートしたデータを花子でトレースしています。





製作メモ
Grumman F6F Hellcat
スケール 1/32
全長   320mm
全幅   408mm
総重量  32.98g