Chance Vought F4U Corsair


 2017年の第2弾!!

 逆ガルウィングが特徴の飛行機です。
 艦上戦闘機としては一番重い機体だったらしい。

 設計上の一番の問題は逆ガルウィングの形状だと思っていたのですが、そこが一発ではまってしまったので気が抜けてしまいました。

 F6Fでも考察したようにプロペラ機の一番の難点は主翼のフィレットなのですが、コルセアも無い(?)ため全体の設計は早かったように思います。
 

 組立が恐ろしく難しくなりそうだったのですが、主翼が折れるところで分割することで他の機体よりも左右対称に作ることができました。
 
 パネルラインの書き込みはイイカゲンですが、私的には気に入っております。
 

 写真に撮ってみるとひどく歪んでいるように思ったのですが、飾り台にうまく載らないため傾いているということにしておきます。
 

 製作はいつも通り、六角大王でモデリング後ペパクラデザイナーを使って展開図を作成、ペパクラデザイナーからdxf形式でエクスポートしたデータを花子でトレースしています。





製作メモ
Chance Vought  F4U Corsair
スケール 1/32
全長   316mm
全幅   390mm
総重量  ーg