MITSUBISHI F-2A


 2015年の最終弾!!

 航空自衛隊の支援戦闘機F−2Aがやっと完成しました。
今回は、初めてのジェット機ということで意欲満々で作り始めたのですが、完成させるのに時間がかかってしまいました。

 F−2はアメリカのF−16をベースに開発され、最終的には4発の対艦ミサイルを搭載可能なマルチロールファイター(あくまでも支援が目的?)として完成したのだそうです。

 今回、六角大王でのモデリングで最も気を遣ったのがエンジンと機体との「一体感」でしょうか。
 展開しても作れないということもありますし、作れるようにするためにその「一体感」を犠牲にしては私の作りたいものから遠ざかってしまいます。
 もう一点はバブルキャノピーも再現したいということでした。分割数を抑えつつ、何とか再現できたのではないかと思っております。
 ただ予定外だったのは、IEWSアンテナが結構目立つ装備であったことです。
 F−2Bであれば無いのですが、F−2Aにしたばっかりに作らないと気が収まらなくなってしまい、1/32スケールとはいえ極小の部品を組み立てる羽目になりました。
 これも最後に失速してしまった要因の一つではないかと考えています。

 何はともあれ、年内に完成できて良かったと安堵しております。
 

 製作はいつも通り、六角大王でモデリング後ペパクラデザイナーを使って展開図を作成、ペパクラデザイナーからエクスポートしたデータを花子でトレースしています。





製作メモ
Mitsubishi F-2A
スケール 1/32
全長   474mm
全幅   347mm
総重量  −g