ぶ〜た〜まん

 初めて、六角大王とペパクラデザイナーを使って作ったものです。
決してかっこよくはありませんが、ソフトを使えるようになったという点で気に入っています。
 3Dモデリングソフトがうまく使えずに、やむなく「花子」と電卓で作ったZZと比べると、 ソフトウェアの操作に不慣れなために面倒な部分はありますが、“ぶ〜た〜まん”らしい丸みが再現されていると思います。

 計算して描いて、印刷して、切って、組み合わせたら合わないからまた計算して・・・を繰り返すこと自体は しんどいですけどそれなりに楽しかったりもしました。しかし、もう元には戻れないです。
なんといっても、操作すると形がどんどんできあがること自体が楽しかったりするので。